ページ上へ

誹謗中傷記事調査

記事と虫眼鏡

一度でもネット上での誹謗中傷被害に遭ってしまうと、対策を終えた後も「どこかで誹謗中傷を受けているのでは…」と、気になってしまいますよね。
確かに、検索上位に上がっているサイトや掲示板を対策したとしても、まだ検索上位に上がっていない誹謗中傷媒体が残っている可能性は十分にあります。
これらの記事やサイトの調査方法・検索のやり方について解説したいと思います。

エゴサーチとは

自分の名前、芸名、ブログ名、ペンネーム、ハンドルネームを検索し、自分自身の評価を調べる事を「エゴサーチ」と呼びます。
“エゴイスト”(利己主義者)という言葉もありますので「エゴサーチ」を行う事に対してネガティブな印象を抱く方も多いと思いますが、ネット時代を全盛期である現代に於いては誹謗中傷対策の基本中の基本です。
誹謗中傷を早期に発見する事は“拡散及びネットタトゥー化を防ぐこと”に繋がりますので、現代に於いて必須の防衛手段と言っても過言ではありません。

解決のヒントになる事も

ビジネスで商品やサービスを提供している方やブログで収益を得ている方にとって、エゴサーチはユーザーの本心を知ることが出来る「生の口コミ」に他なりません。
もちろん、厳しい声もあるかもしれませんが、商品・サービス・サイト等の問題点・改善点を直接知ることが出来ますので、収益アップやアクセスアップを狙う事が可能です。
誹謗中傷を未然に防ぐ又は拡散を防止するという効果がある上に売り上げのアップも狙えるという正に一石二鳥の対策方法と言えます。

エゴサーチのやり方

エゴサーチのやり方は至って簡単です。
検索ボックスに自身の名前や商品名・サービス名称等を検索するだけです。

Googleの検索画面

検索を行いますと、当該キーワードに対する良い評判から悪い評判までが多くヒットしますので、後はシラミつぶしに一つずつ内容を確認していくだけです。
なお、検索画面の右下の「ツール」をクリックすると“投稿された時間”を絞る事が可能なので、より具体的な調査を行う事が出来ます。

Googleのツールを使った検索

SNSのエゴサーチ

なお、SNSにつきましては、各SNS内の検索ボックスへ入力する方法により行います。
※例えば「Twitter」でしたら以下の通りです。

Twitterでのエゴサーチ

Twitterではアカウントが無くても問題無く検索可能ですが、SNSによってはアカウントを作成しないと検索が使えない事がありますので注意しましょう。

リアルタイム検索で一括検索

各SNSにそれぞれアクセスし検索を掛けるのは大変な手間ですよね。
そんな時は、yahooの「リアルタイム検索」がお奨めです。

通常通りに検索を行ったのち、“リアルタイム”をクリックすると、SNSへアップされた投稿が新着順に表示されます。
既に拡散されてしまっている情報やリベンジポルノへの対策にはなりませんが、文字通りリアルタイムで誹謗中傷を受けている際には一括で調べ上げる事が出来ますので非常に便利です。

※検索画面でリアルタイムを選択すると、

エゴサーチのリアルタイム検索

リアルタイムの更新状況が分かります。

SNSのリアルタイム更新

ただし、リアルタイム検索ではTwitterが上位に来てしまう事がほとんどですので、全ての誹謗中傷を網羅出来ていない可能性があります。
原則としてはSNS内の検索から調べるようにし、リアルタイム検索はあくまで補完的なものとしてご利用下さい。

一括調査なら弊社にお任せ下さい

SNSや掲示板では、木の根のように至る箇所に誹謗中傷が巡っている可能性がありますので、まずはしっかりと調査を行うことが重要です。
どこかに書き込みが残っていると“予期せぬ形で誹謗中傷が再開してしまう”“ネット上に残ってしまう”といった不利益が起こる可能性がありますので、必ず全て見つけ出すよう心がけましょう。
弊社では、しっかりと調査を行った上で対策を講じておりますので「調査の仕方が分からない」という方は是非我々にお任せ下さい。