ページ上へ

Q&Aサイトの誹謗中傷

口コミサイトに投稿する様子

PCやスマートフォンが普及したことにより“質問を誰かが回答してくれる”という、所謂「Q&Aサイト」が各所に存在するようになりました。

Yahoo知恵袋・OKWAVEなどが代表的ですが、2chやSNS内のコンテンツ(質問版など)でも多く見られ、時には誹謗中傷の舞台となってしまうケースがあります。
当該コンテンツでの誹謗中傷対策について、予め知っておきましょう。

誹謗中傷の温床になることも

Yahoo知恵袋では、「ふとした疑問・ちょっとした悩みごとを気軽に“質問”してみよう」をコンセプトに日夜多くの質問が寄せられています。

回答は当該質問を閲覧した第三者が行いますが、ためになった回答をした人には「チップ」が贈られ、チップを多く保有するほど回答者としてのランクが上がっていく仕組みです。
つまり“ランクが高い人=しっかりと回答してくれる人”であることを意味し、質問者と回答者の「知りたい」「教えてあげたい」のバランスが上手く保たれているのです。

しかしながら、どのようなコンテンツにも“荒らし行為”や“誹謗中傷”を楽しむ不届き者はいるもので、Yahoo知恵袋においてもそれは例外ではありません。
例えば、質問の各トピックで優良回答者であると認められると「カテゴリーマスター」の称号が贈られますが、様々なシーンで回答を行う反面で、誹謗中傷を受ける可能性は高くなります。

口コミサイトに投稿する様子

また、当該コンテンツは企業にとっても評判を左右する重要なものです。
例えば、企業名を検索ボックスに入力すると、「就職活動カテゴリ」では以下のような質問結果が羅列しました。

口コミサイトに投稿する様子

会社名のみで検索を掛けたのにも関わらず、ご覧の通り「ブラック企業」という文字が並んでしまいました。
これを見た学生の中には、同社への就職活動を敬遠する方も多いのではないでしょうか。

有名人・法人が被害に遭いやすい

Q&Aサイトは、質問者が自由に「ベストアンサー」を決めることができます。
ベストアンサーに選ばれると当該回答が最も上部に表示されるため
「自身が嫌う有名人に対する誹謗中傷を書き込む」⇒「同意をしてくれた人に対してベストアンサーを贈る」
という流れがセオリーとして出来上がっています。

有名人ということで削除依頼が通る可能性は一般の方に比べて低いものの、あまりにも誹謗中傷が多いせいか、ひどい内容のものは削除に応じる構えを執っています。

また、企業に関しては前述した通り「ブラック企業」「商品やサービスに対するネガティブな書き込み」が多く間接的に企業の評判を下げる結果となっていますので、大きなリスクであることは間違いありません。

削除の具体的方法

他のコンテンツと同様に、大きく分けて

①運営側に削除を依頼する
②自ら削除してもらう

の2通りが考えられます。手順は以下の通りです。

①削除を依頼する場合

口コミサイトに投稿する様子

削除したい質問の右下に「違反報告」というリンクが設置されていますので、まずはこちらをクリックしてください。

口コミサイトに投稿する様子

進みますと「違反項目」を選択できますので、当該質問に最も当てはまる項目を選択してください。
選択しましたら「注意事項に同意のうえ違反報告をする」をクリックして申請は完了です。

※ヤフー知恵袋のヘルプページ(https://www.yahoo-help.jp/app/answers/detail/a_id/41762/p/530) にも同様のアナウンスがなされていますので、ご参考ください。

②自ら削除してもらう場合

文字通り、質問者にコンタクトを取り、自ら削除して貰うという方法です。
質問した本人は“損害賠償も起こり得る”という重大性を理解していないことが多く、直接的なアプローチは意外にも有効と言えます。
コンタクトの方法は「質問に対して回答する」が最も早い手段でしょう。
ただし、削除の際には以下の点に注意する必要があります。

削除が出来ないケース

削除は「My知恵袋」⇒「質問一覧」⇒「質問を削除する」で行うことが可能です。
ただし、以下に該当する場合には削除することができません。

解決済の質問の場合
・当月中、既に別の質問を削除している(※月に1回しか削除出来ない)
・Yahoo! JAPAN_IDを削除してしまった
未解決の質問の場合
・知恵コインが足りない(※回答が付いている質問は300コイン必要)
その他注意点
・既に「ベストアンサー」を選んでしまっている場合に運営側は取り消せない
・質問の修正や編集はできない
・画像のみの削除や取り消しはできない
・御礼に設定した知恵コインはもどらない

上記に該当する場合には、①の運営に削除を依頼する方法を選択しましょう。
いずれも難しい場合には、株式会社GoAまでご相談くださいませ。